育児と引越と時々犬の絵日記

見知らぬ北の大地にて、絵日記発信中。

北海道に引っ越してきて、初雪だ!と思ったら雪虫という虫だった話。

先日は新潟の雪男のお話について書きましたが、

 

www.tarotaroko.com

現在住んでいるここ函館では雪虫という生物に初遭遇しました。

 

10月中頃でしょうか、ベビーカーでお散歩をしていた時です。

目の前になにやらふわふわと白い物体が漂っています。

タンポポの綿毛かな?いや、もう冬も近付いているし

まさかもう雪??

さすが北海道、早いなぁと驚いてその雪のような物をじっと見つめると、 

f:id:tarotaroko:20171123204706j:plain

 

ん?

雪に

は、羽が生えている!!

「虫だー!ぎゃー!」

と騒いでいると、横から夫君が、

「これは雪虫って言って、北海道では冬の訪れを知らせる風物詩的な存在らしいよ。

この間会社で『そろそろ雪虫を見掛けるようになりましたね、もう冬ですねぇ。』って会話を聞いて俺も初めて知った。」

と、教えてくれました。

 

そうか、こいつは皆んなに冬が来た事を教えてくれる虫なのか。

見た目も雪のように白くてふわふわして、

THE・冬

って感じなのに、更にちゃんと冬に出てくるなんて、

自然って凄いなぁ、と思いました。

f:id:tarotaroko:20171123204718j:plain

この雪虫、とても儚い生き物みたいです。

人間の頬等に当たるだけでその熱で死んでしまうそう。

寿命も1週間程。

雪が振り始める前ににそっと漂い、

雪が降る頃にはそっと消えて行く。

「そろそろ、雪が降るよー、スノータイヤに変えてね。さよならー。」

きっとそう言っているのかな?

いや、それは人間本位な考えですね。

幻想的な風景を見せてくれる彼らですが、

短い寿命で必死に生きているんですよね。

 

1週間で恋をして、子孫を残して、死んで行く。

そんな冬の妖精、雪虫達を北海道に見に来ませんか?