育児と引越と時々犬の絵日記

見知らぬ北の大地にて、絵日記発信中。

親バカフィルターが装着される時。

ここだけの話、うちの娘めちゃくちゃ可愛いんですよ!

毎日可愛さが更新されているので、このままだとママは君の可愛さで

いつかショック死してしまうのではないかと心配です。

泣いていても可愛い、

うんちが臭くても可愛い。

 

皆様ご安心ください。これは結構な親バカフィルターがかかっているためにそう見えるのだとちゃんと分かっていますよ。

我が子だからこんなに可愛く見えるだけなのだとね。

分かっているけど、でも我が子は宇宙1可愛い。

 

この親バカフィルターですが、最近思った事があります。

 

        目次

 

 

親バカフィルター装着

f:id:tarotaroko:20180311155245j:plain

母親と父親では親バカフィルターが装着されるまでに時差がある?

私は初めて娘を見た瞬間から、とても可愛いと感じました。

産後最初のセリフは

「可愛い…。」

でした。

これは母親達の中でも様々なようで、最初は全然可愛く見えなかったという声も沢山聞きます。

うちの母親も私を最初見た時には、兄に比べて「不細工だな」と感じたと言っています。

しかしその後数ヶ月のうちに、段々と可愛く見えて来るケースが多いみたいです。

 

ですがうちの夫君は、まもなく生後10ヶ月といった頃に、

 「最近ようやく可愛くなって来た。」

 とポツリと言ったのです。

 

えぇぇぇ!???今更!??????????

ようやくかい!!!!!

今迄も娘の事は可愛がっていました。

しかし、(見た目が)可愛いとは思っていなかったらしい。

むしろやや不細工だと…。

 

信じられません…。

私なんて、

こんなにも美しい赤ちゃんを産み落としてしまってどうしよう…

自分が恐ろしい…

とまで思っていたのに、です。

 

このように、我が家では母親と父親では親バカフィルター装着までに時差が発生しましたが、一般的にはどうなのでしょうか。

 

そもそも親になった実感に時差があった

私は産後2ヶ月間里帰りをしていました。

その間も、片道7時間程かかる距離だったので2回位しか会うことはありませんでした。

いざ、一緒に暮らすようになった最初の頃の話です。

それまで家事は勿論、娘をあやしたり、寝かしつけを手伝ってくれていた実家の母がいない中、初めての土地でワンオペ育児が始まりました。

暫くは心細く、不安な日々が続いていました。

しかし週末になれば夫君も育児に参加出来て心強いので、土日を心待ちにしていました。

そんな最初の週末ですが、夫君はこう言ったのです。

土日どっちか本を読みに出掛けて良い?

 

夫君はよくカフェで本を読んだり、勉強をします。娘が生まれる前からずっとそうしていました。

私も一緒に行く時もあれば、1人で行く時もありました。とにかく彼はその時間を大切にしていました。

ですので、夫君の気持ちはよく分かるのですが、その時はびっくりしましたし、ショックでした。

まだ心細いから家にいて欲しいと伝えましたところ、快諾してくれたのですが、家にいても娘が泣いているなか自室でヘッドフォンを着けて本を読んでいました。

私は爆発しました。

泣きながら、不安であることや一緒に娘を見てほしい事などを伝えました。

夫君はというと、まだ赤ちゃんがいる生活がよく分からなかったみたいです。

悪気は無かったのです。

ただ今までと同じように暮らしていただけなのです。

まだ父親になった実感が無かったのですね。

今の夫

私が爆発したのはその時だけです。

それからは夫君は週末にはお風呂や寝かしつけなど頑張ってくれています。

そうやって少しずつ娘と接しているうちに、父親としての実感が芽生え、親バカフィルター装着となったのだと思います。

f:id:tarotaroko:20180311214759j:image

夫君と娘

 

男の人は案外赤ちゃんが家に来ても、言われないとどう変わって良いのか分からないのかも知れません。

伝えるって大事。

 

因みに彼は平日家を早く出て、出勤前にカフェで本を読む時間を作っているようです。

まとめ

娘は宇宙1可愛い。

それは親バカフィルターを通して見ているため。

私は出産と同時に親バカフィルターが装着されたが、

夫は娘と接する時間がある程度蓄積された後装着となった。

 

おまけ

夫君、ホワイトデーのお返しはしゃぶしゃぶをご馳走してくれました!

f:id:tarotaroko:20180311220731j:plain
最高の夫です。

 

 他の夫君エピソード⬇︎

www.tarotaroko.com