育児と引越と時々犬の絵日記

2017年5月生まれの娘のこととか。

MENU

山目(yamame)さんという方のYouTubeチャンネルが大好き過ぎて。

私が最近毎日のようにうっとりと眺めているYouTubeチャンネルがあります。

もう、大好き。

日々の癒しとして、なくてはならない存在です。

少しご紹介させてください。

山目さん

yamameというチャンネル名で発信されているのですが、いわゆる料理系YouTuberさんであり、日々のお料理を不定期に配信されています。

 

youtu.be

youtu.be

 

一般的な料理番組とは違い、詳しいレシピや料理のコツなどはありません。

ただただ、山目さんがお料理をしている風景(主に手元)が流れます。

だがそれが良い!!

山目さんの動画はとても音が綺麗です。

包丁でほうれん草をザクザク切る音。

水の沸騰する音。

熱いフライパンに卵を流し込む音。

湯飲みにお湯を注ぐ音。

 

なんで料理の音ってこんなに心地よくて少し切ないのでしょうか。

 

私はお母さんが料理を作っているところを見ているのが大好きでした。

手際良く、どんどん料理が出来上がっていくようすはまるで魔法のようです。

また、寝ている時や勉強をしている時にキッチンからトントン、と聞こえてくる料理の音の心地良さったらないですよね。

 

しかし、時が経ち今では私がその音を出す側になりました。

そんな日々の中、ふと目に留まったのが山目さんの動画でした。

母と比べると山目さんは若すぎる手元ではありますが、でも人が出す料理の音ってとっても心が休まります。

そんな心地良い料理の音を山目さんの動画で聴いているうちにすーっと癒されていくのを感じ、すっかりハマってしまいました。

f:id:tarotaroko:20190602204459j:image

 

山目さんの作る料理は複雑なものではなく、シンプルなものが多い印象です。

しかし、人が作る料理には発見がたくさん。

例えば、私はほうれん草を汁物に使う時は一旦茹でた物を最後に散らすように使っていましたが、山目さんはある動画の中で、まずお鍋の中で油で炒めてからそこに水を注いでほうれん草がくたくたになるまで煮ていました。

火が通り過ぎて色が変わってしまった葉物類は美味しくないですが、一旦油で炒めた後にくたくたに煮られたほうれん草は美味しいんですねぇ。発見。

勿論、ささっと茹でてシャキッとしたほうれん草は最高ですが。

確か山目さんはオリーブオイルとニンニクでほうれん草とじゃがいもを炒めてからコンソメと牛乳で味を付けた白いスープを作っていらっしゃいましたが、それを見てお味噌汁でもそのように作ってみましたが美味しかった!

 

また、山目さんの動画には「生活感」があります。

動画の中では、とってもご馳走な朝食の時もあれば、食パンとヨーグルト、食パンとサラダ、といったシンプルな日もあり、「そうそう、これが『生活』だよなぁ」とほっとするのです。

簡単な料理で済ませたい時もあるし、ちゃんしたい時もある。

山目さんは限りなく「ちゃんと」寄りでありつつ、「抜け感」もあり、その絶妙なバランス感に安心します。

 

そして動画を見終わると、料理がしたくてむずむずしてきます。

今日は料理を作るの面倒だなと思っていても、なんだか無性に作りたくなってきちゃう、そんな不思議なチャンネルなのです。

 

山目さんの動画は料理以外にも魅力が詰まっていて、

(恐らく)慎ましやかであるけども清潔なキッチン。

料理の合間にささっとコンロやシンクを吹き上げる所作。

白と藍色を貴重としたセンスの良い食器。

窓から見える風景や、そこに遊びにくる森の動物達。

山目さんのお気に入りの素敵なアイテムの数々。

そして、何より心落ち着くような、なんだか寂しくなるような、絶妙なBGMが流れています。

 

山目さんの動画を観ていると、癒され、安心すると同時に、切なさ、悲しさといった感情も湧いて来ます。

美しさは悲しさと言っている人がいましたが、山目さんの動画を見ていると分かるような気がします。

それが山目さんの動画の一番の魅力だと思います。

 

少し語り過ぎてしまいました。

日々の生活の中で、少し疲れちゃったなと感じた時におすすめのチャンネルです。

 

あ、因みに私は森よりも街での暮らしが好きで、普段の生活も自然派って感じとは程遠い人間ではあります。