育児と引越と時々犬の絵日記

見知らぬ北の大地にて、絵日記発信中。

産後、着れる服が減った。

以前U子さんのブログで、出産後着る服がなくなったという記事を読みました。

yukowest.hatenablog.com

U子さんは、共にママレードボーイに胸をときめかせた同世代のママさんです。

 

これ!!

激しく同意!!

禿同!!

産後、着る服がない!!

産前に着ていた服がしっくりこない。

f:id:tarotaroko:20180510221859j:plain

まず、リボンなどの甘めの服は無理です。これは出産云々以前に単純に歳のせい疑惑がありますが、産前は結構似合っていたはずです。しかし、もう着れなくなりました。

次に、仕事で着ていた服は全滅です。

なんというか、キリっとした服も駄目なんです。

仕事を辞めて緊張感が顔から抜けてしまったようです。服と顔がマッチしない。

そして、確実に言えるのが、膝上のスカート無理説。

膝がスースーするよー。

 

 

いやね、20代後半に突入したあたりから少しずつ似合わない服は出てきていましたよ。

しかし、出産前と後で加速度的に着れない服が増えました。

書いていてなんか悲しくなって来たぞ…。

 

f:id:tarotaroko:20180510221913j:plain

出産を機に変わってしまったのか。

髪型も、今までさっと纏めただけでもそれなりだったのが、今はかなりキチンとしないと生活感溢れる感じになってしまう。

 

産後、私そんなに変わってしまったのだろうか。

 

この事をツイッターにて呟いたところ、「自分がそう思い込んでいるだけでは?」と返信を頂きました。

そこでふと考えてみました。

本当に似合わなくなったのか。

そう言えば、服を着てみた時すっぴんだったなぁ…。

お化粧すれば意外といけるかも?

そもそも膝上のスカートとか、職場で着ていた服とか、着てみる前に無理だって判断してる。

私、「もう母親なんだから」フィルターをかけて自分を見ているかも…。

そりゃ歳を重ねれば変わる。 

30歳も越えればどんな綺麗な女優さんでも、そりゃ20歳の頃とは雰囲気が変わる。

着る服のテイストが徐々に変わっていく事は自然な事だ。

ただ、私はそこに「もう母親なんだから女っぽい服より動きやすい服を着るべきだ。」といった思い込みがプラスされているように感じる。

これは良くない。

この考えは危険な気がする。

これじゃぁ私の人生「母親」だけになってしまう。

 

少し前、とある絵本作家Nさんが「あたしお母さんになったから自分のお洒落やなんかより子供を最優先にするのよ」といったような内容(うろ覚え)の歌詞を書いて炎上していた。

これは、お母さん達自身が少なからず自然とそう思ってしまっていて、でもその事に動揺している面があるからこそ「お前に言われたくないわ。」と反感をかってしまったのではないかなぁと思う。

事実、私もその歌詞を読んで複雑な気持ちになった。

 

話を元に戻しますが、

確かに私はもう若くはないからそりゃ甘めテイストの服が似合わなくなったのは当然です。

でも、「母親だから」という要素は考えずに今後は歳相応に、でもお洒落を忘れずにいたいと思います。

 

 

先日春らしいピンクの口紅を探しに行きましたが、色々試して貰って結局一番顔色が綺麗に見えたボルドーの口紅を買いました。

昔はピンクの口紅がよく似合いました。

でも、ボルドーの口紅を塗った私も悪くないなぁと思いました。

f:id:tarotaroko:20180511080844j:plain

 

おまけ

娘1歳になりました!

すくすく育ってくれてありがとう。

パンとヨーグルトでバースデーケーキ?を作りましたところ、大喜びしてくれました!

f:id:tarotaroko:20180510234447j:plain

食パンを2段重ねにして水抜きしたヨーグルトとバナナを飾り付けただけの、超手抜きケーキでこんなに喜んでくれるなんて涙。

あー、可愛い♡